keizanjukuのブログ

迷う時、困った時、易の言葉の中に最善の解決策があります。易学講師30年の経験に学んだ、生き方の知恵をお伝えするブログです。

❸新年おめでとうございます。

平成最後の年になりました。30年前は様々な所で自粛の行動があり、平成の夜明けは国全体が喪に服すように、ひっそりとしていました。

この度は、天皇陛下のご希望がかない、ご譲位となりましたので、時代の移り変わりを祝事ととらえられます。また何となく心に余裕が生まれ、個々の生活においての備えにも気が及ぶように思います。

易に雷地予〔らいちよ001.000〕という卦があり...あらかじめ変化の時に備え、油断せず準備をしておけば、未来を喜びに向かい切り開いていけるだろう...と説きます。予は、良い時に浮かれず、やるべきことは怠たらず、あらかじめ備えることのススメです。

私は皇后美智子様を尊敬し、敬愛してきました。昨年末の平成天皇の最後の誕生日のお言葉の終りに、国民と、国民の一人であった皇后陛下への深い感謝と労りを示されたことに深く感動し、お二人への感謝の涙がこぼれました。そして、美智子様と共に、少しでも長く平穏なご余生を楽しんでいただきたいと、国民の一人として心から願っていました。

あらかじめ道を示された事は、國民の未来が歓びに向かい開かれることを願ってのご決意と思えます。

平成の時代は終わりますが、新たな時代がどう開かれていくか、私も油断せず、やるべきことを怠らず備えなければと思います。